1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 漢検、学習支援動画「かんじのじかん」を20~29日に配信

2020年5月19日

漢検、学習支援動画「かんじのじかん」を20~29日に配信

日本漢字能力検定協会(漢検)は、学校再開に向けて生活リズムを取り戻そうとしている家庭や子どもたちをサポートするため、学習支援コンテンツ「かんじのじかん」を、20日~29日まで、8:15から15分間配信する。

「かんじのじかん」は、生活リズムの起点となる朝の時間帯に、毎日決まった時間から15分間の短時間学習を始めることで、その日の学習を始める習慣づくりをサポートする学習支援コンテンツ。

同コンテンツは、Spectee社が開発し、ソニービジネスソリューションが提供するAIアナウンサー「荒木ゆい」ボイス・プラット フォームサービスを活用している。

また、「漢検とニュース」のコーナーでは、読売新聞オンラインのニュース利用の協力を得ている。

配信の概要

配信期間:5月20日(水)〜5月29日(金)の平日
配信時間:毎朝8:15~8:30(15分間)
公開URL:「漢字カフェ」で公開
主な内容:
・「漢字画数カレンダー」
熟語の漢字画数の合計で日付を表すカレンダー。指先で漢字を書くことで、頭のウォーミングアップを図る
・「漢検とニュース」
気になるニュースをわかりやすく紹介。読売新聞オンラインのニュースで漢字学習ができる無料アプリ「漢検とニュース」の中から3つを取り上げ、AIアナウンサー「荒木ゆい」が読み上げる
・「10分間学習」
自分で取り組みたいプリントや問題集などで10分間学習する。画面では、漢字の画数で残り時間を表示。小テストなどのプリント教材(PDF)も用意。
・「今日のラッキー熟語」
エンディングで「今日のラッキー熟語」を発表。自ら学習計画を立てて、主体的に学習する習慣を楽しく身に付けられる「今日のラッキー熟語シート」も用意。「ラッキー熟語」と「シート」を使って、子どもたちの学びを見守る教育関係者・保護者と子どもたちをつなぐコミュニケーションツールとしても活用できる

関連URL

「漢字カフェ」

日本漢字能力検定協会

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス