1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 漢検、学習支援動画「かんじのじかん」を20~29日に配信

2020年5月19日

漢検、学習支援動画「かんじのじかん」を20~29日に配信

日本漢字能力検定協会(漢検)は、学校再開に向けて生活リズムを取り戻そうとしている家庭や子どもたちをサポートするため、学習支援コンテンツ「かんじのじかん」を、20日~29日まで、8:15から15分間配信する。

「かんじのじかん」は、生活リズムの起点となる朝の時間帯に、毎日決まった時間から15分間の短時間学習を始めることで、その日の学習を始める習慣づくりをサポートする学習支援コンテンツ。

同コンテンツは、Spectee社が開発し、ソニービジネスソリューションが提供するAIアナウンサー「荒木ゆい」ボイス・プラット フォームサービスを活用している。

また、「漢検とニュース」のコーナーでは、読売新聞オンラインのニュース利用の協力を得ている。

配信の概要

配信期間:5月20日(水)〜5月29日(金)の平日
配信時間:毎朝8:15~8:30(15分間)
公開URL:「漢字カフェ」で公開
主な内容:
・「漢字画数カレンダー」
熟語の漢字画数の合計で日付を表すカレンダー。指先で漢字を書くことで、頭のウォーミングアップを図る
・「漢検とニュース」
気になるニュースをわかりやすく紹介。読売新聞オンラインのニュースで漢字学習ができる無料アプリ「漢検とニュース」の中から3つを取り上げ、AIアナウンサー「荒木ゆい」が読み上げる
・「10分間学習」
自分で取り組みたいプリントや問題集などで10分間学習する。画面では、漢字の画数で残り時間を表示。小テストなどのプリント教材(PDF)も用意。
・「今日のラッキー熟語」
エンディングで「今日のラッキー熟語」を発表。自ら学習計画を立てて、主体的に学習する習慣を楽しく身に付けられる「今日のラッキー熟語シート」も用意。「ラッキー熟語」と「シート」を使って、子どもたちの学びを見守る教育関係者・保護者と子どもたちをつなぐコミュニケーションツールとしても活用できる

関連URL

「漢字カフェ」

日本漢字能力検定協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • その問題、弱点にきちんと効いていますか? スタディサプリ 塾・予備校向けサービス 無料オンライン説明会予約受付中
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス