1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Study Valley、経産省・未来の教室の「STEAMライブラリー」のサイトを公開

2021年3月2日

Study Valley、経産省・未来の教室の「STEAMライブラリー」のサイトを公開

Study Valley(スタディバレー)は1日、同社がプラットフォームの構築を担当した経済産業省「未来の教室」が推進する「STEAMライブラリー」のサイトをオープンしたと発表した。


STEAMライブラリーは、同省「未来の教室」が学びのSTEAM化・PBL(Project Based Learning: プロジェクト型学習)を推進するために、1日にオープンしたWebサイト。

学びのSTEAM化とは、「教科タテ割りの、詰め込み勉強」から、「学際研究的で、創造的な学び」へとシフトさせていく考え方で、AI時代を生きる現代の子ども達の生きる力を養うための学習方法。

STEAMライブラリーは、2022年度から高校でスタートする「総合探究」「理数探究」「公共」で活用できるような教材を検索・活用できる。

掲載されている教材(コンテンツ)は、「未来社会の創り手」になる子ども達が挑戦すべきSDGsの17テーマを意識して整理。従来の科目の枠組みにとらわれない統合的・学際的な社会課題や、生徒達にも身近な生活課題のテーマを揃えている。

授業だけでなく、個人探究にも使えるデジタル教材集を掲載しており、教師、子ども(小中高校生)、保護者が同デジタル・ライブラリーにアクセスし、授業や家庭学習場面で供用できる。

同社は、2020年1月に創業。塾や家庭教師、教育委員会向けの業務支援サービス「Time Tact」の開発・運用に加え、昨年10月にはSTEAMライブラリーの構築事業者に採択された。

関連URL

「STEAMライブラリー」

Study Valley

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス