1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 旺文社、iOS/Android向け「辞典アプリ」、「標準国語辞典 第八版」などを提供

2021年3月16日

旺文社、iOS/Android向け「辞典アプリ」、「標準国語辞典 第八版」などを提供

旺文社は15日、iOS/Android向け「辞典アプリ」をリリースし、同時に「標準国語辞典 第八版」と「標準漢和辞典 第七版」のアプリ配信を開始したと発表した。

今回の「辞典アプリ」のリリースとアプリ版の標準国語辞典・漢和辞典の配信で、いつでもどこでも手軽に調べたり、学習に利用することができるようになった。書籍付属のシリアルコードまたは「辞典アプリ」内課金で、辞典コンテンツをダウンロードすれば利用できる。

中学生~一般向けの「標準国語辞典」と「標準漢和辞典」は、2021年度から施行される中学校の学習指導要領改訂に合わせて、9年ぶりの改訂。

「辞典アプリ」は、「しおりメモ」や文字サイズ・背景色の変更、画数・部首検索(「標準漢和辞典 第七版」のみ)などの機能を搭載している辞典ビューワアプリ。1つのコンテンツにつき最大3台まで利用でき、自宅学習用・学校用端末の両方にダウンロードできる。

一方、1965年の初版発行から55年の「標準国語辞典」は、今回が第8版。今回の改訂では約3000語を増補し、約5万語を収録。いみじ、をかし…などの古語から、クラスター、サステナブル、LGBT、STEMなどの新語までカバーしている。

文章の正確な読解のカギとなる「機能語」を全面的に見直し、助詞の使い分けを説明する「仕組みの解明」や論理的・説明的文章作成の手引きとなる付録「類語表現コンシェルジュ」を新設した。

また、「標準漢和辞典」は1968年の初版発行から52年で、今回が第7版。日常生活から漢文学習入門まで必要十分な親字約6000と熟語約4万語を収録。

漢字検定2~4級で重視される「同音・同訓異字」「対義語・類義語」「四字熟語」をくわしく解説。付録「漢詩の鑑賞」では中国の名詩に加え、日本人の漢詩を多数収録している。

中学1年生の国語教科書には「故事成語」の単元があり、調べ学習の対象となることも多いことから、4コマ漫画で分かりやすく解説した「故事からでたことば」も新設。

コンテンツ概要

■「辞典アプリ」
サービス開始日:3月10日(水)
価格:ダウンロード無料
対応機種:iPhone/iPod touch(iOS13.0以降対応)、iPad(iPad OS 13.0 以降)、Android搭載端末(Android OS 6.0 ~ 11.0対応)
詳細:
iOS
Android

■「標準国語辞典 第八版」、「標準漢和辞典 第七版」
発売日:3月10日(水)
価格:2080円(税込)
詳細

関連URL

旺文社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス