1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. JBL、安全で機能的な設計を備えた子ども向けヘッドホンシリーズ最新作を発売

2021年5月14日

JBL、安全で機能的な設計を備えた子ども向けヘッドホンシリーズ最新作を発売

ハーマンインターナショナルは、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、2017年に発売した子ども向けヘッドホン「JR(ジュニア)シリーズ」の後継モデルとして「JR310(ジュニア310)」、「JR310BT(ジュニア310ビーティー)」を21日に発売する。

パソコンやタブレット端末など、子どもたちの間でのデジタルデバイスの浸透に伴う需要拡大を受けて、今回は2017年に発売し好評を集めた、子ども向けヘッドホン「JR(ジュニア)シリーズ」の後継モデルを新発売。今作では、前モデルのワイヤードタイプ「JR300」、Bluetoothワイヤレスタイプ「JR300BT」をアップデートした、2モデルが登場。

子どもたちの耳を守るために特別に設計された「JR310」と「310BT」は、前モデルに引き続きヘッドホンから出るボリュームを85dB未満に制限。これにより、誤操作による大音量や、長時間のリスニングによる難聴を予防し、耳に悪影響を及ぼしにくい安全な仕様。また、子どもたちが安全に学習し、遊び、好奇心を養うために、JBLならではの低音とクリアなサウンドを提供。Bluetooth搭載の「JR310BT」では、最大再生可能時間が、前モデルの約12時間から約30時間に大幅アップデートを遂げ、より長時間使えるように。

また、2モデルどちらにも新たにマイク機能を搭載し、ハンズフリー通話を可能にしたことで、オンライン学習における双方のコミュニケーションをよりスムーズにサポートし、快適な学習環境を提供。本体装備の操作ボタンでは、通話受話のほか、音楽再生時の再生・一時停止のコントロールにも対応しており、移動中や作業中などでもスムーズに操作が可能。

デザインは、大人気のビビッドなカラーに加え、「JR310BT」ではカジュアルな新色「グリーン」も加わった。そして、子どもたちが独自にデザインできるよう、前モデルに引き続き専用のシールを付属。好みのシールをヘッドホンに貼ることで、オリジナルのデザインにカスタマイズすることができる。さらに、同シリーズは子どもの頭のサイズにあわせ大人用よりも一回り小さく設計しており、長時間の使用でも耳元が痛くならないよう素材にもこだわっている。コンパクトかつ折りたたみも可能なデザインのため、収納や持ち運びにも最適なモデル。

関連URL

JBL

ハーマンインターナショナル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス