1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 岡山・高梁市、小中学校の95.3%がGIGAスクール端末を「毎日使用・週数回利用」

2021年8月10日

岡山・高梁市、小中学校の95.3%がGIGAスクール端末を「毎日使用・週数回利用」

Happy Collaborationが運営する「岡山高梁先端教育センター」は、岡山県高梁市の小中学校(21校)では、1学期を終えた7月時点で、GIGAスクール構想で導入されたICT端末(iPadなど)を100%(全校・全学年)利用開始していると、6日に発表した。

同センターは、同市からGIGAスクールサポーター業務を受託。同市教委が市内の小学校・中学校全校にアンケート調査したところ、GIGA端末を「ほぼ毎日利用している」は42.9%、週に数回利用しているは「52.4%」で、「ほぼ毎日利用している」「週に数回利用している」を合わせて95.3%にのぼった。(小学校は6年生、中学校は3年生の利用状況)

同市では、GIGAスクール構想全体の推進や学習アプリの選定を行う学校教育課、インフラ整備を担う教育総務課が、試行錯誤しながら、ICT端末活用にトライする学校現場の教員の協力で、積極的な活用を実現。

また、一般的には活用が難しいとされる、小学校低学年での活用も積極的に行っている。小学校1〜3年生がiPadでの動画作成、プレゼンテーションソフトを使いこなした発表、Google Meetなどのオンライン会議ツールを使用した遠隔授業・遠隔学級交流を毎週行うなど、試行錯誤しながらの活用が進んでいる。

高梁市の学校現場での主なICT活用例

・オンライン朝礼、オンライン生徒会、オンライン始業式などの校内活動
・山間部の小規模校同士を繋いだ合同オンライン遠隔授業
・市内の2校を繋ぎ、相手校と1対1のペアを作っての英会話授業
・「Google for Education」のアプリ(Jamboardなど)を活用した対話的・協働的な授業
・ベネッセ「ミライシード」のデジタルドリル「ドリルパーク」の活用
・ベネッセ「ミライシード」の「オクリンク 」等を活用した対話的・協働的な授業
・iPadで行う「学校PR動画」や「コマ送りアニメーション動画」の作成

関連URL

高梁市教委・学校教育課

岡山高梁先端教育センター

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス