1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シュークルキューブ、セネガル共和国で「Green ICT利用した遠隔教育」の実証実験を開始

2021年11月16日

シュークルキューブ、セネガル共和国で「Green ICT利用した遠隔教育」の実証実験を開始

シュークルキューブジャポンは15日、西アフリカ・セネガル共和国で「Green ICT利用した遠隔教育」の実証実験を開始したと発表した。


同社は、同国国民教育省Mr. Papa Baba DIASSE(ディアセ)視学官、サンジャラ市Dr Serigne Gueye DIOP(ジョップ)市長の2者と、同教育省が推進する、国家遠隔教育コンテンツ「PROMET」(プロメ)」の地方公立小中学校への導入を目的とした覚書(MOU)を、10月28日に締結。

同MOUに基づき、未電化や通信が届かない地域の学校教育の場に、デジタル教育環境を3者連携で構築して、運用試験を行う。

同社は、新たに遠隔地の拠点間を繋ぐ、太陽光発電による分散型電力と専用デジタル通信機材を合わせた「Digital TUMIQUI Kit(デジタル ツミキ キット)」を開発。

実証実験では、このDigital TUMIQUI Kitをサンジャラ市内の複数の学校拠点に導入して学校間を接続。敷設された専用デジタル通信網を通して、同教育省の遠隔教育コンテンツ「プロメ」を実際の授業で使用しながら、教育環境への効果と実用性に対する評価を行う。

実施試験は、今年11月15日から開始され、利用環境に適した電力の技術提供は関西電力と連携。必要な通信速度の最適化は同社が担い、プロメによる遠隔教育の効果測定は同教育省・サンジャラ市と共に行う。

実証試験の成果については、2022年にチュニジアで行われる「TICAD 8」での共同発表を予定している。

また、保健分野・農業分野とも横櫛的に連携して農村開発に留まらず、民間企業らしくビジネス創生へと進みながら、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)圏14カ国へと活動範囲を広げていく。

なお同社は、今年3月、サンジャラ市の協力の元、デジタルインフラの実証試験を関西電力との協業で実施した。

関連URL

「デジタルインフラの実証試験」

「TUMIQUI」

関西電力

シュークルキューブジャポン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス