1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Minecraftカップ2022全国大会、今年のテーマは「生物多様性」エントリー受付開始

2022年6月1日

Minecraftカップ2022全国大会、今年のテーマは「生物多様性」エントリー受付開始

Minecraftカップ全国大会運営委員会は、教育版マインクラフトを使ったプログラミング作品コンテスト「Minecraftカップ2022全国大会」を開催する。それに伴い、5月31日からエントリー受付を開始した。

学校の教育現場でも使われている教育版マインクラフトを使い、テーマに沿って作られたワールドを全国・世界各地から募集する。みんながネイチャーポジティブな未来での暮らしを考えるために、今年は生き物と自然に関連するSDGs目標から2つをピックアップし、「生き物と人と自然がつながる家・まち~生物多様性を守ろう~」を作品テーマに設定した。SDGs目標の14番「海の豊かさを守ろう」と15番「陸の豊かさも守ろう」の両方、またはいずれかを取り入れ、生物多様性保全の要素の入ったワールドを作ってもらう。

ジュニア部門・ミドル部門・ヤング部門の3部門のうち、1つに参加できる。チーム編成はすべて1名~30名となっている。なお、今年度の開催から、一部の例外を除き、参加者へのライセンスの無条件・無償での貸与は行わない。参加は無料。全国13地区ブロックに分けて一次審査・二次審査を実施する。

また、大会では参加を目指す子どもたちを支援する教員やコーチをサポートする取り組みを行っている。

教員サポートの問い合わせ

関連URL

「Minecraftカップ2022全国大会」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス