1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. NPOカタリバ、「対話的な校則・ルールの見直し」でつくば市の全小中校45校を支援

2022年9月1日

NPOカタリバ、「対話的な校則・ルールの見直し」でつくば市の全小中校45校を支援

カタリバは8月31日、生徒が教師らと対話しながら校則・ルールを見直し、生徒主体の学校づくりを目指す「みんなのルールメイキング」プロジェクトの一環として、茨城県つくば市と学校支援の連携を開始したと発表した。

この連携で、今年12月までに、同市内の小中学校・義務教育学校をあわせた全45校のICT端末ルールづくりを行うための教員研修や、生徒へのプログラム開発を実施していく予定。

また、同45校でキックオフとして開催される「みんなでつくるルールメイキングプロジェクト」児童生徒全体研修会を、9月13・14・20・22日の4日間オンラインで開催する

【連携・協力の概要】
・つくば市教育委員会としてのICT端末ルールづくりの計画作成
・校長会などの教員研修プログラム協働開発、提供
・遠隔型の合同ルールメイキングプログラム協働開発、提供
・効果検証などの研究開発を目的としたアンケート・データ分析

【キックオフ会概要】
開催日時:
・9月13日(火) 13:30〜15:20
・9月14日(水)13:30〜15:20
・9月20日(火)13:30〜15:20
・9月22日(木) 13:30〜15:20
開催方法:各校とオンラインの併用(各校を中継し、同時にイベント開催)
対象:各校でルールメイキング活動の中心となって進める児童・生徒(1校あたり5~10人)
主な内容:
・ルールがある背景を知る(45分)
・つくりたいルールのアイデアを深める(45分)
参加方法:児童・生徒は1人1台の端末から接続

関連URL

「みんなのルールメイキング」

茨城県つくば市

カタリバ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス