1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. イマクリエ、メタバース植物館内に小学生向け「自然教育」のブースを新設

2023年1月11日

イマクリエ、メタバース植物館内に小学生向け「自然教育」のブースを新設

イマクリエは、山口県宇部市の実証事業として企画運営を行う、「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」を題材にしたメタバース植物館内に、小学校低中学年向けの「自然教育」をテーマにしたブース「サボテンラボ」を新設した。

同社は、すでに昨年8月から同市の地域資源であるサボテンをテーマにした一般向けコンテンツを提供するサボテンブースを展開しており、今回の「サボテンラボ」はその第2弾としての取り組み。

「サボテンラボ」では、地域に根ざした自然教育をコンセプトに、 サボテンについて、小学校低中学年層の子どもたちがクイズや映像コンテンツを通じて楽しく学ぶことができる。

同市の地域資産であるサボテンをテーマに、「自然科学の知識や技術について学ぶ」「植物(自然)と人間の関わり方について考える」「自然環境に対する意見や考えを発信する」きっかけをオンライン(メタバース)上で配信し、地域一体で進める自然教育と次世代DX人材の育成を行う。

「サボテンラボ」内の具体的なコンテンツは、「ときわミュージアム」のキャラクター「カクタン」が紹介する植物館内の貴重なサボテンの紹介「デジタルサボテン図鑑」と、サボテンの豆知識を学ぶ「サボテンクイズ」の2つ。

また、「サボテンラボ」の公開を記念して、同市緑と花と彫刻の博物館「ときわミュージアム」の人気オリジナルキャラクター「カクタン」のLINEスタンプも配信中(有料)。スタンプは全部で16種類あり、LINEポイントで購入できる。

関連URL

メタバース植物館(「カクタン」スタンプのダウンロード)

宇部市「ときわ公園チャレンジ」

イマクリエ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス