1. トップ
  2. ツール・教材
  3. NEC/大規模教育クラウド「ほっかいどうスクールネット」構築

2013年1月7日

NEC/大規模教育クラウド「ほっかいどうスクールネット」構築

日本電気(NEC)は12月27日、北海道内の道立学校全270校と、道立教育研究所、道立特別支援教育センターなど児童生徒・教職員約13万人が利用する全国最大規模の教育クラウド基盤「北海道教育情報通信ネットワーク(通称:ほっかいどうスクールネット)」を整備し、北海道教育委員会が、この基盤を利用した教育サービスを開始したと発表した。

北海道教育委員会では2002年から、道立学校に対し高速回線を整備するなど基盤サービスを提供し、道立学校の情報化を支援してきたが、このたび、道立学校への様々なICTサービスの拡充や、災害時もサービスを安全・安心に継続できるICT環境の提供、TCO(運用コスト)の削減などを目的とした、新しい教育用クラウド基盤を構築した。

これまで道立教育研究所に設置されていた約60台のサーバをすべてNEC北海道データセンターの仮想化したサーバに移行し、プライベートクラウド型で教育クラウド基盤を構築することで、サービス拡大に向けた基盤強化と24時間365日のサービス継続、セキュリティの向上を実現した。

また、運用・管理については新たに専用のサービスデスクを設け、教職員現場管理者の負担を軽減し、TCOを約30%削減する。

北海道教育委員会は、この基盤を利用し、ポータルサービス、eラーニングサービス、教育用教材登録・検索サービスなど幅広い教育サービスを児童生徒・教職員へ提供している。

問い合わせ先

NEC 文教・科学ソリューション事業部
E-Mail:webmaster@elsd.jp.nec.com

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録