1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ヤフー/3Dデータを無料配布 「さわれる検索」プロジェクトの展開発表

2013年11月7日

ヤフー/3Dデータを無料配布 「さわれる検索」プロジェクトの展開発表

ヤフーは1日、9月から実施してきた「さわれる検索」プロジェクトの活動報告と今後の展開を発表した。

筑波大学附属視覚特別支援学校でのプロジェクトの様子

「さわれる検索」は、3Dデータベースと3Dプリンターを融合させたマシンに、さわりたいものを呼びかけると、音声検索で3Dデータを見つけだし、立体物を生成するというもの。

プロジェクトは、9月20日から10月31日まで筑波大学附属視覚特別支援学校(盲学校)で実施した。生徒たちが90個以上の立体物を生成。また、世界中から投稿・蓄積された3Dデータは約240個にのぼった。

11日に、プロジェクトサイト内でサマリーページを公開する。

今後の展開として、蓄積された3Dデータや、アプリケーションをオープン化することを決定。

3Dデータは、世界最大級の3Dデータ共有コミュニティサイト「Thingiverse」にアップロードし、無料でダウンロードを可能にする。

アプリケーション(音声入力から3D出力までの自動化)は、ソースコード共有コミュニティサイト「GitHub」でオープンソース化する。

また、マシンは、筑波大学に寄贈し、年度内は塙保己一(はなわほきいち)学園、横浜市立盲特別支援学校の2校へ貸し出しを行う予定。

今回「さわれる検索」マシンに使用した3Dプリンター「Replicator2」のメーカー・MakerBot社は、このプロジェクトに賛同。「さわれる検索」アプリケーションのオープンソース化を記念して、「Replicator2」を日本の盲学校に寄贈する予定だという。

 関連URL

さわれる検索

連絡先

ヤフー 広報
電 話:03-6440-6103
ycompany-pr@mail.yahoo.co.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21