1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 大田原市/タブレット1000台を市内の小中学校へ3年で配備

2013年12月3日

大田原市/タブレット1000台を市内の小中学校へ3年で配備

栃木県大田原市は1日、市内の小中学校へのタブレットなどの導入計画を発表した。

大田原市は、市内の全小中学校のパソコン教室にあるパソコンの置き換えを目的に、2013年度から3年かけて約1000台のタブレットを配備する。

2013年度は9月末までに、米マイクロソフトのWindows 8を搭載した富士通のタブレット「スタイリスティック」約200台を7校へ配備し、調べ学習や、グループ学習、ドリル学習などで活用している。

導入した学校の教員からは、「新しいパソコンの導入で児童が意欲的に活動している」「動画や画像を撮影する機能を使い、児童の発表などで活用したい」などの声が上がっている。

今後、2014年度に13校、2015年度には9校への配備を予定しており、導入機種の選定は年度毎に行うという。

関連URL

大田原市

問い合わせ先

大田原市学校教育課
電 話:0287-23-1111

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21