1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 日本マイクロソフト/立命館小学校との協働によるタブレットを使った授業づくり

2013年12月6日

日本マイクロソフト/立命館小学校との協働によるタブレットを使った授業づくり

日本マイクロソフトは5日、立命館小学校が同校4・5年生において、マイクロソフト製タブレットPC Surfaceを1人1台使用した教育を展開し、子ども達の「21世紀型スキル」育成強化を図るためのICT授業づくりを協働で行うことを発表した。

立命館小学校では、開校以来、基礎・基本の徹底反復、そして創造的な人材を育成するために、ICT教育についても積極的に展開してきた。

電子情報ボードとプロジェクターの活用、ニンテンドーDSを活用した授業、レゴブロックにプログラミングを加え、ロボットを製作するロボティクス科、課外活動の「ATR CALL 英語塾」等、多彩なICT教育を展開。

2012年度には、タブレットPC(Windows153台、iPad33台)を導入し、タブレットPCを使用した授業の試みを進めてきた。

関連URL

マイクロソフト

問い合わせ先

日本マイクロソフト

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録