1. トップ
  2. データ・資料
  3. 博報堂こそだて家族研究所/子どもと情報機器の関係に母親は不安と期待

2014年5月23日

博報堂こそだて家族研究所/子どもと情報機器の関係に母親は不安と期待

博報堂こそだて家族研究所は22日、子どものスマートフォンなどの「デジタル情報機器への接し方」をまとめたレポートを発表した。

調査期間は2014年1月17日から30日。長子が12歳までの母親1079名にインターネット調査を実施した。

その結果、子どもたちは様々な情報機器を幼少のころから使用しており、使い方も「通話」「無料動画サイトをみる」「ネット検索」など多様だった。

子どもの情報機器の利用状況
出典:博報堂こそだて家族研究所

子どもと情報機器の関係について「悩みや不安を持っている」母親は55.8%。悩みの内容は、「目が悪くなる、姿勢が悪くなるなど身体の発育・成長への悪影響」(67.1%)、「情報機器を与える時期」(55.6%)が上位を占めた。

子どもに情報機器与える上での悩みの内容
出典:博報堂こそだて家族研究所

一方、「勉強が楽しくできる」「情報機器を使いこなせるようになる」など、期待もしている様子が明らかになったという。

子どもに情報機器を与えることによる期待
出典:博報堂こそだて家族研究所

レポートは、情報機器が普及している今日、「情報機器と子どもとのいい付き合い方」について模索している母親たちが多いとまとめている。

関連URL

博報堂

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21