1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 普連土学園/4月から全校でMoodle導入

2015年1月30日

普連土学園/4月から全校でMoodle導入

普連土学園中学校・高等学校は30日、学習環境の充実を目的に、2015年4月からLMS(Learning Management System)として、全校にMoodle(ムードル)を導入すると発表した。

イメージ Moodleで英会話の動画を愉しむ

普連土学園では、2014年11月から学内でのMoodle(「fgs-webcampus」と呼称)の試用を開始し、12月から生徒・保護者に公開。試用を経て、今回4月からの導入を決定した。運用サポートはイオマガジンが行う。

現在、fgs-webcampus上には、ネイティブスピーカーによる英会話練習のための動画、漢文訓読学習のための動画、英語ボキャブラリーや無機化学の小テストなどのコンテンツがアップロードされている。動画は生徒の都合のよい時間に何度でも繰り返し視聴でき、また小テストは自動的に採点されるため間違えた箇所がすぐに分かり、効率良く学習できるなど、活用が進められている。

Moodleは教育・学習活動を支援するオンラインのシステム。

関連URL

普連土学園中学校・高等学校
英会話練習のための動画(中1対象)

問い合わせ先

普連土学園中学校・高等学校
電 話:03-3451-4616

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21