1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 凸版印刷/小学校向け学習支援システムの実証研究開始

2015年5月19日

凸版印刷/小学校向け学習支援システムの実証研究開始

凸版印刷は18日、児童が学習を通じて「努力する力」を高めることができる、小学校向けの新しい学習支援サービスの実証研究を、茨城県古河市、東京都福生市、慶應義塾大学の中室研究室と協働し、5月から開始すると発表した。

実証研究は、茨城県古河市の小学3年生約170名、東京都福生市の小学3年生約260名を対象に実施。実施期間はともに11月30日まで。

タブレット端末を家庭に持ち帰り、小学3年生の算数における「わり算」と「小数」の家庭学習(個別学習)を、凸版印刷の学習支援システムを活用。実施前後の学力調査で効果を検証する。

その結果を踏まえ、学習支援サービス「やるKey」として11月からサービス提供をする予定だという。

関連URL

凸版印刷

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ