1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ETロボコン2015/長崎総合科学大学チーム「NiASET」が3賞を獲得 

2015年11月19日

ETロボコン2015/長崎総合科学大学チーム「NiASET」が3賞を獲得 

組込みシステム技術協会が主催する「ETソフトウェアデザインロボットコンテスト2015(ETロボコン2015)」は18日、全国12地区から選抜された42チームによるチャンピオンシップ大会を、パシフィコ横浜で開催した。

ETロボコン2015

ETロボコン2015(パシフィコ横浜)

デベロッパー部門は、走行競技と設計モデル審査の総合評価で争われる競技で、走行体、技術の基礎を学んでチャレンジする「プライマリークラス」と、技術を応用できるスキルを磨く「アドバンストクラス」の2クラス。

難関の新幹線踏切をクリアする「NiASET」

難関の新幹線踏切をクリアする「NiASET」

「プライマリークラス」が走行体、バッテリーがワンメイクでソフトウェアの違いだけの競技なのに比べ、「アドバンストクラス」は速度選択できる走行体でのシステム開発競技であり、急コーナーや縦列駐車、橋、新幹線などの難所の配置された2コースを攻略しなければならない上に、レース直前にならないと仕様が確定しないコースまであるというハイレベルなコンテスト。

走行体は同一で、教育用レゴ マインドストームを使用する。

ET-03

イノベーター部門で優勝した「FUJIWING」の空中搬送ロボット

イノベーター部門は、次世代のイノベーター育成を目指す部門。走行競技は無く、自由に製品やサービスを企画し会場で発表、プレゼンテーションとパフォーマンスでどれだけ審査員を“凄い”と思わせるかを競う競技審査と、企画内容審査と合わせた総合評価で競うもの。

デベロッパー部門の競技では、拍手とため息が交錯し、イノベーター部門のパフォーマンスでは、笑いと歓声が会場を包み込んだ。

ET-04

3賞を獲得した長崎総合科学大学のチーム「NiASET」

その結果、企業チームの参加が多い中、学生チームとしてデベロッパー部門のアドバンストクラスに参加した、長崎総合科学大学のチーム「NiASET」が、アドバンストクラス優勝、アドバンストクラスモデル審査・技能賞、情報処理学会・若手奨励賞の3賞を獲得して会場を沸かせた。

19日は、同会場でモデリングワークショップを開催する。

チャンピオンシップ大会結果

□デベロッパー部門 プライマリークラス 競技
優 勝 「ガラナエクスプレス」リコーITソリューションズ ES事業部札幌事業所
準優勝 「走れ亮くん2号」
3 位 「delias」 横河電機

□デベロッパー部門 アドバンストクラス 競技
優 勝 「NiASET」 長崎総合科学大学
準優勝 「YoungMasters」 SCSK 車載システム事業本部
3  位 「からっ風産学隊2015」 群馬大学&両毛システムズ

□デベロッパー部門 アドバンストクラス  モデル審査
技能賞 「Champagne Fight」 リコーITソリューションズ ES事業部札幌事業所
技能賞 「追跡線隊レッド」 日立産業制御ソリューションズ
技能賞 「ヒカリバクシンオー」 富士ゼロックス
技能賞 「HELIOS」 アドヴィックス
技能賞 「NiASET」 長崎総合科学大学

□情報処理推進機構 IPA賞
「ガラナエクスプレス」リコーITソリューションズ ES事業部札幌事業所

□TOPPERSプロジェクト TOPPERS賞
「ごばりき15’」 日立オートモティブシステムズ 佐和事業所

□情報処理学会 若手奨励賞
「NiASET」 長崎総合科学大学

□イノベーター部門 総合
優 勝 「FUJIWING」 富士機械製造
準優勝 「g-ice」 群馬工業高等専門学校 電子情報工学科
3  位 ほぼ組T 日立製作所 研究開発グループ

関連URL

ETロボコン2015

アーカイブ

  • 子どものための本格的なテキストプログラミング入門言語 KidsScript オープンベータ公開中
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21