1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソフトバンクC&Sと墨田区/教育の情報化推進事業に向け協定締結

2016年1月26日

ソフトバンクC&Sと墨田区/教育の情報化推進事業に向け協定締結

ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)と東京都墨田区は26日、「墨田区の教育の情報化推進事業に関する協定」を締結したと発表した。

0405407_01この締結により、墨田区内の公立小中学校におけるICT機器を活用した授業改善の取り組みを推進していく。

墨田区は、2014年から、指導力の向上を目的に教員を対象としたタブレット端末の導入を進め、現在では、区内16校の小中学校の教員約500人にタブレット端末を配備している。

一方、ソフトバンクC&Sは、2013年から、ICT教育の推進に向けた専門のコンサルティング部門を設立。これまで約200の自治体へ、教育現場のニーズに対応できるICT機器の導入支援や、授業での活用サポートを実施してきた。

今回の協定を通じ、ソフトバンクC&Sは、ICTによる指導力の向上を目的とした教員向け研修や、ICT機器の貸し出し、テスト導入の支援など、墨田区のICT活用を支援する。

概要

ソフトバンク コマース&サービス

東京都墨田区

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ