1. トップ
  2. ツール・教材
  3. リコー/世界最小・最軽量の超短焦点プロジェクター3機種を発売

2016年1月28日

リコー/世界最小・最軽量の超短焦点プロジェクター3機種を発売

リコーは、世界最小、最軽量、最至近の持ち運び可能な超短焦点プロジェクター「RICOH PJ WX4152NI/WX4152N/WX4152」3機種6モデルを2月1日に発売する。 価格は全モデルオープン。

製品画像_RICOH_PJ_WX4152NI

「RICOH PJ WX4152NI」

新製品は、2013年に発売した「RICOH PJ WX4141シリーズ」の後継機種。

リコー独自の自由曲面ミラーを採用し、プロジェクター本体の背面から投写面までの距離がわずか11.7cmで48型を実現するなど、超短焦点モデルとしては世界最小、最軽量、最至近となる。

本体の大きさはW257×D144×H221mmで、本体質量は約3キログラム。本体背面から投写面までわずか11.7cmの超至近投写で、80インチの大画面も壁から24.9cmで投写可能。

輝度は3500lmで、本体を横置きにした机上投影対応、ネットワークユーティリティを利用した4人同時接続などの機能を搭載している。

関連URL

RICOH

RICOH PJ WX4152NI/WX4152N/WX4152

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録