1. トップ
  2. データ・資料
  3. 10代女子の2割弱は授業中スマホを学習に使っている

2016年2月18日

10代女子の2割弱は授業中スマホを学習に使っている

GMOメディアが運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ」は17日、スマートフォンを所有している10代の女の子を対象に「スマホを活用した学習に関する調査」を実施した結果を発表した。

それによると、授業中のスマートフォンの使用経験について聞いたところ、「使った
ことはない」(82.2%)という回答が圧倒的に多く、「使っている/使ったことがある(学校からの許可有/無)」(合計17.8%)は2割弱にとどまり、まだ少数派であることが分かった。

授業中のスマホ活用経験

授業中のスマホ活用経験

また、その活用方法は「ノートや板書を撮影する」(36.5%)が多かったものの、「その他」(45.2%)の回答も多く、授業中のスマホの活用方法は多岐に渡っていることが分かった。

「その他」を選んだ人の中には、「授業に関することを調べる(17歳・高校生)」といった調べ物に関する回答が多いほか、「体育のダンスの授業で完コピするため(14歳・中学生)」「体育の時に、友達のとび箱の仕方を撮った(12歳・小学生)」「指定されたサイトの実験動画を見る(16歳・高校生)」「『1枚の写真から随筆を書こう』というテーマで自分のスマホアルバムから写真を選んだ(16歳・高校生)」など、写真・動画の撮影や、閲覧・利用目的でスマホを活用している例もあった。

授業中のスマホ活用方法

授業中のスマホ活用方法

学習(自習)時におけるスマートフォンの活用方法は、「検索エンジンでわからない言葉を検索」(88.5%)、「SNSを利用して問題を出しあう」(50.9%)といった回答が多い。

学習用途でのスマホ活用方法

学習用途でのスマホ活用方法

また、「無料/有料の学習アプリ・サービスを利用」(合計28.4%)と答えた人に、普段利用しているサービスの名称を聞いたところ「clear」「スタディギア」「ターゲットの友」など学習向上に直結するスマホアプリのほか、「Study Plus」「Yo!サボロー」といった自身の学習状況を記録・管理するサービスも多く挙がった。

調査概要

調査テーマ  スマホを活用した学習に関する調査
調査対象   10代の女の子
調査期間   2016年2月1日~2016年2月8日
調査方法   インターネットリサーチ
有効回答数  1414名
調査主体   プリキャンティーンズラボ

「プリキャンティーンズラボ」とは、「プリキャン byGMO」が設立した、10代の女の子のスマートフォンライフや日常生活を調査・発表するGMOメディア社内に置かれた研究機関。スマートフォンネイティブである「プリキャン」ユーザーの日常生活を研究している。

関連URL

プリキャン byGMO

GMOメディア

実践校から学ぶICT教育の活用法 ICT教育研究会 with Classi 3/28 開催!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21