1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 試作フォント生成ツール「Drop&Type」が武蔵美に導入

2016年7月21日

試作フォント生成ツール「Drop&Type」が武蔵美に導入

タイププロジェクトは21日、試作フォント生成ツールである「Drop&Type (ドロップ アンド タイプ)」が、武蔵野美術大学に導入されたと発表した。

「Drop&Type」は、デザイナーや学生などがフォント化において技術的な困難さを感じることなく、オリジナルデザインの試作フォントの生成を実現する。

武蔵野美術大学では、2016年4月に共有コンピュータールームにある32 台のMacにDrop&Type を導入。来年度には、さらに64 台への導入を予定している。

武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科研究室では、「学生が自身でデザインした文字を、実際に使用するためのフォント化に苦労していました。フォントにできずに、一文字ずつアウトラインデータでレイアウトすることも多くありました。Drop&Type を導入することで、フォント化の時間が短縮でき、何度でも文字のデザインの修正を繰り返すことができるので、作品のクオリティが上がることが期待できます」と、述べている。

「Drop&Type」は、StdN の範囲(Adobe-Japan1-3 プラスJIS2004 字形)までの文字種から和文および欧文の全角(正方形枠)の280 字を任意に選択して生成することができます。生成した試用フォントは、商用利用が可能。学校法人は、特別契約でご購入できる。

□チュートリアル動画

関連URL

タイププロジェクト オンラインショップ 

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録