1. トップ
  2. 学校・団体
  3. パナソニック教育財団が実践研究の助成先募集

2016年12月12日

パナソニック教育財団が実践研究の助成先募集

パナソニック教育財団は、教育分野でのICT活用に取り組む学校や研究を支援する、実践研究助成の参加校を1月20日まで募集している。

同助成では、学校を対象とした「特別研究指定校」と、より幅広い主体を対象とした「一般」の募集を行っている。

「特別研究指定校」では、『21世紀にふさわしい学び 』ついて全校体制で研究に取り組む小中高、特別支援学校が対象。

募集する研究テーマは、”ICTを活用した 思考力・判断力・表現力を育む授業づくり””ICTを活用した 情報活用能力の育成 ・ 情報教育の推進””ICTを活用した グローバル化に対応する力の育成”。

指定校には、2年間の研究に対して1件あたり150万円を助成するほか、 期間中6回程度、財団が指名する大学の研究者がアドバイスに訪れる。助成件数は5件程度を予定

「一般」では、ICTを活用した教育内容や教育方法の改善に取り組む1年間の実践的研究に対し、1件あたり50万円を助成する。応募対象は、在外教育施設を含む小中高、特別支援学校、教育研究グループ、教育委員会・教育センター・教育研究所。

募集する研究テーマは、ICTを活用した思考力・判断力・表現力の育成、情報化社会に対応した情報活用、ICT活用のための校内研修の工夫、改善、校務の情報化による学習指導・評価等の充実、ICTを活用したグローバル化に対応する力の育成。助成件数は70~80件程度。

ともに応募の締め切りは1月20日までで、3月中旬に指定校を発表する。

関連URL

パナソニック教育財団 実践研究助成

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ