1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 阪神電気鉄道/子どもの見守りサービス導入校が500校到達

2014年12月1日

阪神電気鉄道/子どもの見守りサービス導入校が500校到達

登下校 ミマモルメの概要

阪神電気鉄道は、阪神あんしんサービス「登下校 ミマモルメ」の導入学校数が、11月21日時点で500校となったと発表した。

「登下校 ミマモルメ」は、ICタグを持った児童が校門を通過すると保護者にメールで知らせるサービス。利用を希望する保護者と直接契約し、導入校には費用負担がないのが特徴。利用料金は、一人につき月額360円。

2011年4月から展開しており、全国14都府県の小学校・中学校・高校で、公立・私立問わず導入されているという。また、利用者数についても、11月21日現在で約9万9千人と、間もなく10万人を突破する見込み。

関連URL

登下校 ミマモルメ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス