1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ロボット開発のRapyuta Roboticsが総額10億円の資金調達を実施

2016年9月6日

ロボット開発のRapyuta Roboticsが総額10億円の資金調達を実施

チューリッヒ工科大学の研究所からスピンオフして誕生したRapyuta Robotics(RR)は5日、SBIホールディングス子会社のSBIインベストメントが運用・管理を行うファンドを引受先とし、10 億円のシリーズAの第三者割当増資を実施した発表した。

今回のシリーズAも含めて、RRは現在までに総額約13億円の資金調達を実施。資金使途の大部分は、製品の開発、テスティング、および製品リリースを加速化させるためにエンジニア・チームに投資するという。そのほか、事業開発、販売体制の早期構築およびマーケティングに割り当てる予定という。

RRのミッションは、クラウド接続された自律モバイル型ロボットを開発し、人々の生活をより快適にすることだという。2014年7月の創業以来、日本、スイス、およびインドの3カ所にオフィスを展開、グローバル・ロボティクス企業へと成長した。現在、優秀なエンジニア・チームを率いて、飛行型ロボットを含むクラウド・ロボティックス・ソリューションを2017年半ばまでに市場投入することを目指しているという。

また、チューリッヒ応用科学大学の応用情報技術研究所クラウド・コンピューティング研とRRの共同事業に関し、スイス連邦政府から50万米ドルの支援も受けたという。今後は2017年の初めにPaaSのオープンソース・バージョンを、また2017年後半にはエンタープライズ・バージョンのリリースを目指しているという。

関連URL

Rapyuta Robotics

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス