1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 音の出るペンで英語の読み書き「歌でおぼえる おうちでフォニックス」

2016年12月6日

音の出るペンで英語の読み書き「歌でおぼえる おうちでフォニックス」

mpi松香フォニックスは、音の出るペンで楽しい歌を聞きながら、自分の力で英語の読み書きができるようになるためのフォニックスルールを学ぶ「歌でおぼえる おうちでフォニックス」を全国の書店で20日から発売する。

imgフォニックスとは、アルファベットの音と文字の関係を学ぶ学習法で、もともと英語圏の子どもたちに読み書きを教えるために開発されたもの。同社のフォニックスルールは、日本の子どもたちが英語を聞ける、話せる、読める、書けるようになるために開発したオリジナル学習法。

「歌でおぼえる おうちでフォニックス」は、「音の出るペン」をテキストのイラストや文字にタッチさせることで音声データを読み取り、英語の音を聞くことができる教材。操作は簡単で、大人の助けを必要とせず子どもが好きな時に楽しく学べるのが特長。同教材を通して、自力で英語の読み書きができるようになるために必要な8種類のフォニックスルールを学ぶ。

また、付属のテキスト「小学生のフォニックス」は、ユニットごとにフォニックスルールの歌を収録しており、歌を繰り返し聞いたり一緒に歌ったりすることで、フォニックスルールを体得できる構成になっている。歌以外にもジングルや習熟度をチェックするクイズなど、子どもが飽きずに学習できるように工夫されており、たくさんの英語の音を聞いて真似するうちに、同じように発音できるようになるという。

対象は幼児・小学生から。価格は1万1000円 (税別)。全国の書店、mpiオンライン書店、Amazonなどのオンライン書店で販売。

関連URL

mpi松香フォニックス

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス