1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを開始

2017年3月15日

学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを開始

イオマガジンは14日、学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを3月から開始したと発表した。

85467d15bf正式Moodleパートナーのイオマガジンでは、Moodleを利用しているがシステム管理者が不在でメンテナンスができない、などの悩み相談に応じる。

世界中の開発者がチェックを行っているMoodleは最新版へとアップデートすることでセキュリティ対策が万全となる。構築されたまま数年間アップデートを行っていないMoodleは、ソフトウェアの状態を診断したほうがいいという。

カスタマイズを行ったMoodleはバージョンアップができない場合もあるが、同社ではそうした際のアドバイスや、構築まではできたが運用が難しい、操作が分からないといった相談も受け付ける。

関連URL

イオマガジン

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス