1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを開始

2017年3月15日

学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを開始

イオマガジンは14日、学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを3月から開始したと発表した。

85467d15bf正式Moodleパートナーのイオマガジンでは、Moodleを利用しているがシステム管理者が不在でメンテナンスができない、などの悩み相談に応じる。

世界中の開発者がチェックを行っているMoodleは最新版へとアップデートすることでセキュリティ対策が万全となる。構築されたまま数年間アップデートを行っていないMoodleは、ソフトウェアの状態を診断したほうがいいという。

カスタマイズを行ったMoodleはバージョンアップができない場合もあるが、同社ではそうした際のアドバイスや、構築まではできたが運用が難しい、操作が分からないといった相談も受け付ける。

関連URL

イオマガジン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス