1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを開始

2017年3月15日

学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを開始

イオマガジンは14日、学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを3月から開始したと発表した。

85467d15bf正式Moodleパートナーのイオマガジンでは、Moodleを利用しているがシステム管理者が不在でメンテナンスができない、などの悩み相談に応じる。

世界中の開発者がチェックを行っているMoodleは最新版へとアップデートすることでセキュリティ対策が万全となる。構築されたまま数年間アップデートを行っていないMoodleは、ソフトウェアの状態を診断したほうがいいという。

カスタマイズを行ったMoodleはバージョンアップができない場合もあるが、同社ではそうした際のアドバイスや、構築まではできたが運用が難しい、操作が分からないといった相談も受け付ける。

関連URL

イオマガジン

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス