1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 福岡大、教育研究システムにパロアルトネットワークスのセキュリティ

2017年3月15日

福岡大、教育研究システムにパロアルトネットワークスのセキュリティ

パロアルトネットワークスは14日、福岡大学が同学の最新教育研究システム「FUTURE5」において、同社が提供する次世代セキュリティプラットフォームを導入し、本格運用を開始したと発表した。

福岡大学「FUTURE5」のネットワーク構成概要図

福岡大学「FUTURE5」のネットワーク構成概要図

福岡大学は、1世代前の教育研究システム「FUTURE4」で、最大同時セッション数100万のファイアウォールを導入していたが、処理能力を超える同時セッション数によって全学ネットワークが停止するというトラブルを経験。

大学の情報システムの構築と運用管理を担当する総合情報管理センターでは、最新の教育研究システムで同じトラブルが発生しないように、従来と比べて約2倍の同時セッション数の性能を要件定義としてファイアウォールの入れ替えを検討。その結果、条件となる性能を備え、さらに、将来の移行を見込んでいるIPv6にも対応していることから、同社の次世代ファイアウォール「PA-5050」と、同製品群の一元管理ソリューション「Panorama」からなる次世代セキュリティプラットフォームの導入を決定した。

PA-5050は、最大同時セッション数200万、最大ファイアウォールスループット10Gbps、最大脅威防御スループット5Gbpsの安定したパフォーマンスを備えており、エンタープライズ環境の境界線からデータセンターにいたるネットワーク全体へセキュリティ機能を提供する。

現在PA-5050は、FUTURE5の学外接続用のルーター配下に導入され、最大約7000ユーザーが同時利用する学内ネットワークのセキュリティを支えている。2カ所のデータセンターに冗長化構成でPA-5050が配置されている。福岡大学は、PA-5050の基本機能だけでなく、追加機能である脅威防御とURLフィルタリングを活用し、さらにPanoramaによりネットワークセキュリティの管理も行っている。

関連URL

導入の詳細(PDF)

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス