1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本ユニシスとDNP、学校向けの経営支援システムなど2種を発売

2017年3月30日

日本ユニシスとDNP、学校向けの経営支援システムなど2種を発売

日本ユニシスと大日本印刷(DNP)は29日、学校運営の改善と生徒指導の質の向上を実現する2つの学校情報システムを共同開発したと発表した。

両社が今回開発した、教育委員会・学校向けの経営支援システム「wacati(ワカチ)」と、学校・保護者間のコミュニケーション支援システム「連絡Plus」は4月から販売する。

両社は約2年におよぶ有識者との共同研究を経て、文科省の「スマートスクール構想」を踏まえた新システムを開発。校務支援システムの販売で大きなシェアを持つスズキ教育ソフトを通じて販売するという。

学校経営支援システム「wacati」(教育委員会・学校向け)

学校経営支援システム「wacati」(教育委員会・学校向け)

学校経営支援システム「wacati」は、児童生徒の出欠席をはじめとする生活データや、成績などの学習データが一元管理できる。出欠や感染症、不登校の状況、成績に関する傾向や経年変化などについて、グラフやアラート付の画面で表示する。

また、学校の集計・報告業務などに使用する情報を自動的に集約することで、学校の業務負荷が軽減され、ステークホルダー(教育委員会・保護者など)への情報共有も容易になるという。

コミュニケーション支援システム「連絡Plus」は、Webシステムを利用する学校側と、スマートフォンなどを利用する保護者側とのコミュニケーションを支援。

学校は、緊急一斉連絡などの用途のほか、学校や児童生徒の状況、各種お知らせ、アンケート依頼などを配信できる。保護者は、子どもの欠席連絡に利用するなど、学校と保護者のスムーズな双方向の連絡が可能になる。

日本ユニシスとDNPは、「wacati」と「連絡Plus」を今後5年間で約3000の小学校・中学校に提供することを目指しているという。

関連URL

学校経営支援システム「wacati」

コミュニケーション支援システム「連絡Plus」

 

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス