1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 暗算学習法「そろタッチ」が2017年の実績を発表

2018年2月2日

暗算学習法「そろタッチ」が2017年の実績を発表

Digikaは1日、同社のそろばんの仕組を応用した暗算学習法「そろタッチ」の2017年の学習実績を発表した。

0202-djそれによると、開始当初10%だった暗算上級達成率が3年半で5.6倍の56%に上昇、上級達成までの学習期間も1年11か月に短縮した。

同社は2014年、iPadを使用した新しい暗算学習法「そろタッチ」を開発。開始直後は上級レベルに達する生徒は10%前後だったが、 特許技術「あんざんモード」の開発、学習履歴データの分析を基にしたカリキュラムの改善、継続学習を促進させるゲームやランキング機能を強化することで、そろばん式暗算上級の達成率を大幅に上げることができたという。

「そろタッチ」はiPadを使用して学習する。「あんざんモード」で、そろばん式暗算をより効率的に身に付ける事ができる。ゲームやランキング機能も盛り沢山で、子供が楽しみながら暗算を習得できるように工夫されている。

学習開始適齢期は5~8歳。自宅のiPadだけで学習を進めるネット生と、自宅学習に加えて週1回教室に通う教室生がある。どちらも、2年間で一生の財産となるそろばん式暗算上級習得が目標。

現在、そろタッチ教室はフランチャイズ、パートナー校含め国内外に26校。教育ビジネスが初めてでもフランチャイズの「そろタッチ教室」で生徒募集・教室開校からサポートしてくれる。教育機関は、パートナープログラムの「そろタッチコース」で専門性・経験を活かした教室運営ができるという。

関連URL

2017年そろタッチ学習実績報告

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ