1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 彩特ICT/AT.labo、「明日の授業をデザインしよう」8月18日開催

2018年7月31日

彩特ICT/AT.labo、「明日の授業をデザインしよう」8月18日開催

彩特ICT/AT.laboは、第7回研究大会「明日の授業をデザインしよう」を、8月18日に日本工業大学・宮代キャンパスで開催する。

352926482534241d5ef7e0e0b98bbf31彩特ICT/AT.laboは、埼玉県の特別支援教育でのICTやAT(アシスティブテクノロジー:支援機器)を活用した実践の普及推進を目的に活動している、有志の教員による研究会。夏と冬に年2回研究大会を開催して、実践の発表や、ワークショップを行ったりしている。

7回目を迎える今回の研究大会では、「明日の授業をデザインしよう」をテーマに、実践報告やワークショップ、企業講演や参加者との協議会を実施。ICTはどう活用していけるのか、どのような視点を持って取り組んで行くのかを、参加者と一緒に考える。

午前は実践報告と3つの学びの観点を踏まえた協議会、午後は参加企業のプレゼンと同研究メンバーによるICT活用に向けたワークショップを開催する。

開催概要

開催日時:8月18日(土)10:00~17:00(受付9:40~)、懇親会17:15~18:00
開催場所:日本工業大学・宮代キャンパス [埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1]
参加費:無料(懇親会参加者は別途1000円)

詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス