1. トップ
  2. 学校・団体
  3. N高とANA、新たな遠隔地教育の実現のため共同トライアル授業を実施

2018年7月3日

N高とANA、新たな遠隔地教育の実現のため共同トライアル授業を実施

角川ドワンゴ学園N高等学校とANAホールディングスは、「遠隔操作ロボ 通学コース」のトライアル授業を、4日~13日の平日8日間、N高・横浜キャンパスで実施する。

00

同コースは、ANAが提供する遠隔操作ロボット「ANA AVATAR (Beam Pro)」を活用し、さまざまな制限によって通学が困難な生徒が、一般の生徒と同じ授業に参加できるようにする試み。

トライアル授業の参加者は、自宅からPCを使って遠隔操作ロボット「Beam」を操作し、自身の分身としてロボットが横浜キャンパスに“通学”する。横浜キャンパスにいる生徒とコミュニケーションを取り、ディスカッションやグループワークを中心とした授業に参加することができる。

N高ではオンラインで授業を受けられる「ネットコース」と、各地のキャンパスに通って学習する「通学コース」の2つを提供しているが、居住地域や身体的困難などの物理的制約から、通学コースのより実践的で双方向的な学びを得たいという意思がありながら、ネットコースを選択せざるを得ないという現状があった。

「遠隔操作ロボ 通学コース」では、自宅にいながらロボットを操作して、まるで分身のようにキャンパスを自由に移動しながら、他の生徒とコミュニケーションできることから、N高では、より参加意識が高まることを期待している。一方、ANAは教育分野におけるAVATAR技術の活用に向け、今回のトライアル授業を通して遠隔地教育での実効性を確認する。

トライアル授業の概要

開始日時 : 7月4日~13日の平日の9:45~11:35 (月~木)、14:15~16:05 (金)
開催会場 : N高等学校・横浜キャンパス [横浜市神奈川区栄町2-9 東部横浜ビル1階]
参加者 : N高生2名

関連URL

ANA AVATAR (Beam Pro) 公式サイト

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス