1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 障がい者の「出来るを増やす」 スマホで声で、物理スイッチを遠隔操作

2018年11月20日

障がい者の「出来るを増やす」 スマホで声で、物理スイッチを遠隔操作

ワンポートは19日、物理的なスイッチを遠隔で押してくれる「スイッチボット」、また、スイッチポットや家電を外から遠隔操作や声で操作ができる「スイッチボットHubPlus」を販売開始した。

1120-sw「スイッチボット」では、スマートフォンから「物理的なスイッチ」のON/OFFを操作することができる。Bluetoothを利用し通信距離は80m。押すだけでなく引き上げることも可能なので、「シーソー型スイッチ」のON/OFFにも使える。しかも、従来のスイッチを工事や改造をすることなく、そのまま両面テープで簡単に取り付けることができる。立ち歩くのが困難な人はもちろん、訪問介護や訪問リハビリにも利用可能。

「スイッチボットHubPlus」では、スイッチボットを外から遠隔操作したり、スマートスピーカー (AmazonEchoやGoogleHome) と接続して声で操作したりすることができる。また、赤外線での命令ができるので、テレビ・エアコンなどのリモコンを使った家電をスマホや声で操作できる。

同社では「スイッチボット」開発元のWonderlabs社と障がい者福祉・介護分野において独占提携を結び、障がい者や介護者には販売価格から15%OFFとなるクーポンを発行しているという。

□AmazonEcho(アレクサ)でSwitchBot(スイッチボット)を遠隔操作

関連URL

販売サイト

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス