1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 障がい者の「出来るを増やす」 スマホで声で、物理スイッチを遠隔操作

2018年11月20日

障がい者の「出来るを増やす」 スマホで声で、物理スイッチを遠隔操作

ワンポートは19日、物理的なスイッチを遠隔で押してくれる「スイッチボット」、また、スイッチポットや家電を外から遠隔操作や声で操作ができる「スイッチボットHubPlus」を販売開始した。

1120-sw「スイッチボット」では、スマートフォンから「物理的なスイッチ」のON/OFFを操作することができる。Bluetoothを利用し通信距離は80m。押すだけでなく引き上げることも可能なので、「シーソー型スイッチ」のON/OFFにも使える。しかも、従来のスイッチを工事や改造をすることなく、そのまま両面テープで簡単に取り付けることができる。立ち歩くのが困難な人はもちろん、訪問介護や訪問リハビリにも利用可能。

「スイッチボットHubPlus」では、スイッチボットを外から遠隔操作したり、スマートスピーカー (AmazonEchoやGoogleHome) と接続して声で操作したりすることができる。また、赤外線での命令ができるので、テレビ・エアコンなどのリモコンを使った家電をスマホや声で操作できる。

同社では「スイッチボット」開発元のWonderlabs社と障がい者福祉・介護分野において独占提携を結び、障がい者や介護者には販売価格から15%OFFとなるクーポンを発行しているという。

□AmazonEcho(アレクサ)でSwitchBot(スイッチボット)を遠隔操作

関連URL

販売サイト

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス