1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. インプレス、初心者でもAndoroidでAR開発できる入門書を発行

2019年2月13日

インプレス、初心者でもAndoroidでAR開発できる入門書を発行

インプレスR&Dは、同社の技術書典シリーズ2月の新刊として、「Android StudioではじめるARCore入門」(著者:鈴木 裕太朗)を15日に発行する。

0213-arc同書は、Androidの開発者の中でもARに興味をもっている、あるいはARCoreを始めてみたい人向けに、導入の仕方からハマりやすいポイントを解説。

ARCoreでできること、その周辺知識に関して初心者向けに説明しており、中でも3Dモデルの表示やAndroidの標準ウィジェットを表示するためのSceneform、Augmented Imagesについて丁寧に解説している。

同じ場所でARとして作成した3Dオブジェクトを共有できるCloud Anchorsについても詳細に解説。また、ツール画面やサンプル画像も掲載しながら学習できる。

具体的には、第1章「ARCoreをAndroid Studioではじめよう!、第2章「Sceneform」、第3章「Augmented Images」、第4章「Cloud Anchors」という内容。

初心者でARを始めてみたい、UnityではなくAndroidStudioで開発したい、という人にオススメだという。

電子書籍版1600円(税別)、印刷書籍版はB5判・カラー・本文78ページで1800円(税別)。同書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用して出版。

電子書籍はAmazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple Books、紀伊國屋書店Kinoppy、Google Play Store、honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKERで、印刷書籍はAmazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックスで発売予定。

同社の「技術書典シリーズ」は、今もっとも注目すべき、エンジニアによるアウトプットの場である技術同人誌イベント「技術書典」で、頒布された同人誌を底本として、商業書籍として刊行する書籍シリーズ。

関連URL

Android StudioではじめるARCore入門

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス