1. トップ
  2. 学校・団体
  3. クラーク記念国際高、「NET+コース」5キャンパスで新規開講

2019年4月2日

クラーク記念国際高、「NET+コース」5キャンパスで新規開講

クラーク記念国際高等学校は、自分のための学びに自分で取り組める人を育てる自律学習支援型プログラム「NET+(ネットプラス)コース」を、4月から千葉、名古屋、京都、大阪梅田、福岡の5キャンパスで新規開講する。

コーチング担任が生徒をサポート

コーチング担任が生徒をサポート

同コースが目指すのは「自ら学び続ける力」の獲得。思考力・判断力・表現力・主体性・協働性・多様性の6つのスキルを備え、自らの人生を自らで決断できる力を持った生徒の育成に努める。

生徒一人ひとりに対して、学習心理支援カウンセラーの資格を持った教員がコーチング担任として学習をサポートし学習計画をプランニング。自律学習のサイクルモデルに基づいたサポートや、学習の動機づけ・学業ストレスのケアなどを行う。

授業は同校が独自に開発した映像を中心として実施される。高校卒業資格のための映像授業に加え、大学進学のための質の高い映像授業を用意し、いつでもどこでも学べるようにした。また、各キャンパスに設置した大学生チューターが常駐する自習室も自由に使える。

さらに、外部教育機関と連携することで、生徒一人ひとりが学びたいことを任意でプライムコンテンツとして追加受講できるようになっている。同コースが設定するプライムコンテンツは「プログラミング」と「インターナショナル(語学)」。「プログラミング」では、数多くのeラーニング教材から同校が厳選した教材を提供。「インターナショナル」では、全国各地のキャンパスで教鞭をとるネイティブ教員からICTを活用して直接指導を受けることもできる。

関連URL

NET+コース

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス