1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 学生向けモノづくりハッカソン「Discovery Hackathon」9月に開催

2019年7月4日

学生向けモノづくりハッカソン「Discovery Hackathon」9月に開催

ディスカバリー・ジャパンとダイフクの2社は、学生向けモノづくりハッカソン「Discovery Hackathon 2019」を、9月6日~8日の3日間、滋賀と大阪で開催する。

0704-dc
ハッカソンは、ハードウェア・ソフトウェアのエンジニアリングを意味する「ハック(hack)」と「マラソン(marathon)」を組み合わせた造語で、参加者がチームに分かれてアイデアを出し合い、一定期間内に共同開発を行うイベント。

今年のテーマは、「足りてるモノを 足りないトコへ」。「Provide(提供)・Exchange(交換)・Share(共有)」をキーワードに、毎日の生活や社会から課題を見つけ、アイデアを具現化して、暮らしや世界を変えるサービスやプロダクトの開発を競い合う。

初日は、滋賀県内にあるダイフクの物流システム総合展示場を見学。その他、ゲストによるインスピレーショントークをはじめ、注目のAPIやガジェットのインプットを通じて、アイデア・プロトタイプを制作する機会を提供する。

今回は、7月1日~8月1日までの期間中、18歳以上の学生を対象に募集を受付け、合計80人を招待する。

開催概要

開催日程:9月6日(金)~9月8日(日)
・1日目:チームビルディング・アイディアソン
・2日目:ハッカソン
・3日目:ハッカソンプレゼンテーション・審査懇親会
開催会場:
・1日目:物流システム総合展示場「日に新た館」[滋賀県蒲生郡日野町中在寺1225]
・2~3日目:グランフロント大阪・OSAKA INNOVATION HUB[大阪市北区大深町4-1]
参加対象:18歳以上の学生(高専・専門学校・大学・大学院)、ハードウェア、ソフトウェア・アプリ開発、プロトタイピング、デザイン、ビジネスデザインなどに興味のある人で、3日間すべて参加できる人に限る
参加費:無料(宿泊無料、交通費補助)
定員:80人程度(2~6人のチームを15程度結成予定)、個人参加可能、WEBによる申込、抽選制
賞金:最優秀賞10万円、優秀賞5万円、その他ディスカバリー・ジャパン賞など
応募締切:8月1日(木)

詳細・申込

関連URL

ディスカバリー・ジャパン

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス