1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「ロボ団」の小中3チーム、「WRO2019」日本代表に選出

2019年9月2日

「ロボ団」の小中3チーム、「WRO2019」日本代表に選出

「夢見る」は8月30日、「WRO2019国際大会」日本代表に、同社のロボットプログラミング教室「ロボ団」の小中学生3チームが選出された、と発表した。

WRO(World Robot Olympiad)は、世界74の国と地域で6万人以上の小中高校生が参加する、自律型ロボットによる国際的なロボット競技会。

世界中の子どもたちが各々のロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競い合う。民間スクールとして小中両方で日本代表に選出されるのは、今回の「ロボ団」が初という。

8月25日に兵庫・西宮市で行なわれた「WRO Japan 2019」決勝大会には、全国40地区から約1800チームが参加。「ロボ団」は、小中合わせて20チームがレギュラーカテゴリー全4部門に出場。

その結果、全4部門で計5チームが入賞。このうち、小学生エキスパート部門準優勝(「ロボ団」なかもず本校)と第3位(同・裾野光明寺校)、中学生エキスパート部門準優勝(同・なかもず本校)の計3チームが日本代表として、11月にハンガリーで行なわれる「WRO2019ハンガリー国際大会」に出場することになった。

「ロボ団」は、全国で100教室を展開。カリキュラムに、算数や理科などの教科学習の内容が組み込まれ、子どもたちが苦手意識を持つ前に、楽しみながら理解を深められる環境を整えるなどしている。

「WRO2019ハンガリー国際大会」開催概要

開催日程:11月8日(金)〜10日(日)
開催会場:ハンガリー・ジュール
参加国(一部):カタール、UAE、サウジアラビア、イラク、インド、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾、日本、米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、デンマーク、イタリア、スペイン、ドイツなど
国際大会詳細(英文)

関連URL

ロボ団

WROJapan

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス