1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. CTCなど3社、AIの開発・実行環境と連携する「維持管理ツール」を提供

2020年3月4日

CTCなど3社、AIの開発・実行環境と連携する「維持管理ツール」を提供

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と、ウイングアーク1st、グリッドの3社は3日、グリッドのAI開発プラットフォーム「ReNom」上で開発したAIについて、精度や稼働状況をモニタリングする「維持管理ツール」の提供を開始した。

この維持管理ツールは、「ReNom」上で開発を行い稼働するAIについて、実行結果や解析精度をモニタリングし、スコアリングや再学習の推奨を通してAIの結果の可視化や維持管理を効率化するもの。

精度低下の要因となったデータの選出や、インフラと連携して再学習に必要なコンピュータリソースも用意。企業は、精度を保ちながらAIを継続的に活用できる。

データの前処理から解析を中心とする機能を備えている「ReNom」に加え、AIの可視化を行うダッシュボードツールとしては、様々なデータの可視化を実現し、データから新しい気づきにつなげるウイングアーク1stのBIダッシュボードツール「MotionBoard」を活用。

一方CTCは、インフラ環境としてAIハイブリッドクラウド「CTC Integrated AI Platform Stack(CINAPS)」を提供するとともに、設定やお客の既存システムとの連携などのシステムインテグレーションを担う。

また、製造現場で完成品の品質チェックを行う画像解析AIについて、可視化テンプレートやモニタリングの仕組みも開発しており、複数の生産ラインでAIを多用するケースでも早期に環境構築ができる。

3社は今後、製造業を中心に「ReNom」やインフラ環境を含めて展開し、1年間で10社への販売を目指すほか、協業を強化して、流通やライフサイエンスなど製造業以外への展開も行っていく予定。

関連URL

伊藤忠テクノソリューションズ

ウイングアーク1st

グリッド

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス