1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 遠隔学習向けプラットフォーム「Kahoot!」のPremium版を日本の全校に無償提供

2020年3月4日

遠隔学習向けプラットフォーム「Kahoot!」のPremium版を日本の全校に無償提供

Kahoot!(ノルウェー)は3日、全世界で500万人以上の教員が利用する、ゲーム感覚で学べる学習プラットフォーム「Kahoot!」のPremium版を、新型コロナウイルスの影響を受けている日本全国の学校に無償で提供する、と発表した。

「Kahoot!」は、2019年時点で500万人以上の教員、8億人以上の生徒が利用。日本を含む全世界で計12億人の学習に使用された。

「Kahoot!」を利用することで、教員や生徒はクラスの内外を問わず、楽しい学習ゲームを作り、共有し、プレイすることができるほか、ビデオ会議を開催するなどして、生徒の遠隔・リモート学習を手助けできる。

今回、同社は、新型コロナウイルスの影響を受けているすべての幼稚園、小中高校、および高等教育機関に対し、通常は教員1人当たり月額72ドル(約7700円)で提供している「Kahoot! Premium」の機能を、期間限定で無料提供する。ホームスクールや通信教育機関も対象。

教員が無料で利用できる「Kahoot!」のツールとして、自習型のChallengeモードがある。このモードは、生徒が自宅でモバイル機器やコンピューターを使用して、ゲームをプレイしながら自分のペースで学習できる機能。

生徒が登校できない時でも、Challengeモードのゲームを活用し、カリキュラムに沿って学習を進めることができる。

教員は、様々な科目の4000万個を超える無料のゲームをすぐに使えるほか、独自のゲームを作成することもできる。

強力な機能を備えた「Kahoot! Basic」は無料で提供されており、今後も引き続き教育機関は無料で利用できる。

関連URL

「Kahoot!」の活用方法(英文)

「Kahoot! Premium」無償提供の申込み(英文)
(幼稚園と小中高校)

(高等教育機関)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス