1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. EXIN JAPAN、試験監督官付オンライン試験で試験監督官料全額免除を5月まで延長

2020年4月30日

EXIN JAPAN、試験監督官付オンライン試験で試験監督官料全額免除を5月まで延長

EXIN Japan(エクシン・ジャパン)は28日、試験監督官付オンライン試験EXIN Anywhereでの受験を、試験監督官料全額免除で5月末日まで実施すると発表した。

EXIN Anywhereは、試験センターに出向くことなく、自宅や勤務先の会議室などで、また、時間も24時間対応で受験できるオンライン試験サービス。2013年から開始し、ワールドワイドで提供している。試験問題は、英語をはじめとして各言語を問題なく配信できる。

EXIN認定教育事業者では、認定コース終了後に教室で、紙試験もしくはオンライン試験を提供している。このEXIN Anywhereが加わることで、Eラーニングの後に、EXIN Anywhereのバウチャにて、生徒が自宅もしくは生徒の所属する企業の会議室などで、受験が可能となった。

また、独学で学習する生徒は、認定試験センターに出向いて受験の他、EXIN Anywhereによって、外出することなく受験が可能となり選択肢が増えたという。

EXIN Japan(エクシン・ジャパン)は、EXIN(オランダ)の日本法人で、2005年から日本で活動。EXINはオランダ経済省により1984年に設立され、ベンダに依存しないグローバルな独立試験機関。資格やスキルアセスメントを提供すると同時に教育事業者の認定も行い、20言語、165カ国、250万人以上に試験を実施している。

EXINのグローバル資格は、デジタルトランスフォーメーションを可能にし、需要が高く、実務の課題に直結する広範囲なポートフォリオ。特にサービスマネジメント、アジャイルスクラム、DevOps、SIAM、情報セキュリティ、EU GDPR一般データ保護、データセンターマネジメント、クラウドなど。

また、EXIN Anywhere並びに試験配信システムMyLoginを利用して、大学、第三者試験機関などの試験の配信も実施している。

関連URL

EXIN Japan(エクシン・ジャパン)

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス