1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタル・ナレッジ、LMSの様々な課題を解決する23の開発事例を公開

2022年6月7日

デジタル・ナレッジ、LMSの様々な課題を解決する23の開発事例を公開

デジタル・ナレッジは6日、同社のLMS「KnowledgeDeliver(ナレッジデリバー)」の23の開発事例(機能拡張セミオーダーオプション)を公開した。


今回公開した機能拡張セミオーダーは、①「管理しやすく」、②「学習スタイルを追加」、③「新しい教材スタイル」、④「ビジネスを支援」、⑤「システムを拡張」という5つのカテゴリでまとめられている。

①「管理しやすく」では、受講する教科や教材の内容を受講者自身が評価する機能「理解度ボタン/いいねボタン」を説明。評価結果は管理側で集計され、教材を作成した講師への評価や教材や講師の人気度ランキングにつながる仕組み。

②「学習スタイルを追加」では、「アバター・ランキング機能」を説明。「受講者別、グループ(年度・地域)別、役職・職種別」などパーソナルデータ毎に受講を終了時に付与されるポイント毎のランキングを一覧表示したり、受講進捗に合わせて取得したパーツをアバターに付与、グループ内外への共有が可能な仕組み。

③「新しい教材スタイル」では、受講者自身が受講画面で音声を吹き込み録音することで、お手本としてセットされている発話との聞き比べができる仕組み「シャドーイング録音機能」を解説。

④「ビジネスを支援」では、eラーニング教材の配信だけでなく、リアルな研修の参加権利をシステム上で販売・管理する仕組み「集合研修商品の決済機能」を表示。

そして⑤「システムを拡張」では、手持ちの外部システムとLMSを連携することで「既存の顧客・商品・販売情報」と「LMSの受講履歴・顧客利⽤データ」を⼀元化する、「外部システム連携」を行う。

「KnowledgeDeliver」は、学習・運用管理だけでなく、Webベースで教材を手軽に作成・配信・管理できる統合型eラーニングプラットフォーム。企業・官公庁・スクール・学校法人などへの導入実績は2000以上。

関連URL

「機能拡張セミオーダー」詳細・導入事例

問合わせ

デジタル・ナレッジ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス