1. トップ
  2. ツール・教材
  3. DISとグッド・グリーフ/タブレット端末向けプレゼン作成ソフトをリリース

2013年11月5日

DISとグッド・グリーフ/タブレット端末向けプレゼン作成ソフトをリリース

ダイワボウ情報システム(DIS)とグッド・グリーフは1日、初等教育向けプレゼンテーション作成ソフト「ピッケのつくるプレゼンテーション」の提供を開始した。

「ピッケのつくるプレゼンテーション」は、21世紀型スキル(*1)の育成を目的とした、Windows OS対応のタブレット端末向けソフト。

ピッケのつくるプレゼンテーション

タブレット端末のタッチ、ペン操作に最適化された直感的なユーザーインターフェイスを持ち、キーボード操作に不慣れな低学年児童から、本格的なプレゼンテーションを作成する高学年児童まで、発達段階に応じて利用できる。

また、グッド・グリーフの絵本「ピッケのつくるえほん」シリーズから引き継いだオリジナルのアイコン、キャラクター、図形などに加え、地図作成などに利用可能な地図記号の追加や、画像挿入、手書き描画機能などの機能を搭載している。

発売に合わせ、「ピッケのつくるプレゼンテーション」を活用した授業の単元計画、授業案、実践レポートなどの資料、生徒の作ったプレゼン作品、授業風景の写真などを審査する「小学校ICT活用授業 児童のプレゼン力コンテスト」を開催。

2014年1月15日まで、参加者に(ライセンス有効期限 2014年4月30日まで)無償でダウンロード配布している。

「ピッケのつくるプレゼンテーション」は、グッド・グリーフがインテルの支援を得て開発、DISが販売を行う。

(*1)21世紀型スキル:グローバル化が進む21世紀を生きるために必要な「生きる力」。

関連URL

ピッケのつくるプレゼンテーション

「小学校ICT活用授業 児童のプレゼン力コンテスト」コンテストページ

問合せ先

ダイワボウ情報システム

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21