1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 首都大学東京/デジタル立体地図で越谷市の産業・観光・文化情報を発信

2014年3月27日

首都大学東京/デジタル立体地図で越谷市の産業・観光・文化情報を発信

首都大学東京は25日、システムデザイン研究科インダストリアルアート学域の渡邉英徳研究室が越谷市商工会の「越谷デジタルマップ」を監修・制作を行ったと発表した。

越谷デジタルマップ

越谷市の産業・観光・文化情報を一元化した立体地図。 事業所、地場産業、文化財、散歩コースなどのデータがデジタル地球儀「Google Earth」にまとめられており、自由に閲覧することができる。 「越谷デジタルマップ」は、2013年度の埼玉県小規模事業経営支援事業費補助金の地域経済活性化推進事業費として採択され、埼玉県と越谷市、地域住民の協力を得て制作したもの。 首都大学東京の学生有志がマップとアプリのデザインを、越谷総合技術高等学校の生徒有志が文化財等のデータ収集を担当した。 関連コンテンツとして、越谷市で開催されるイベントと連携するiOSデバイス向けAR(拡張現実)アプリ「BAR!:越谷バー・バル・バールARアプリ」を作成・公開し、2013年11月1日から3日までイベント参加者が利用した。

関連URL

「越谷デジタルマップ」 「BAR!:越谷バー・バル・バールARアプリ」

問い合わせ先

首都大学東京 システムデザイン研究科 インダストリアルアート学域 hwtnv@sd.tmu.ac.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21