1. トップ
  2. データ・資料
  3. Monthly Pickup【8月】/品川区1人1台タブレット、PC1台当たりの児童生徒数変わらずなど

2014年9月2日

Monthly Pickup【8月】/品川区1人1台タブレット、PC1台当たりの児童生徒数変わらずなど

2014年8月に掲載したニュースの中から、編集部が厳選してお届け。

品川区1人1台タブレット配備、荒川区区長タブレット配布理由語る

品川区は、教育活動推進校に1人1台タブレット端末を配備するなどし、2学期からICT機器を活用した新しい授業を開始する。また、全国でもまだ例の少ない、タブレット端末を持ち帰っての家庭学習の定着に取り組むという。【詳細

情報通信政策フォーラムは、セミナー「荒川区はなぜ小中学生にタブレットを配布するのか」を7月31日に開催。荒川区の西川太一郎区長は、教員らの理解を得られるようICT機器活用を段階的に進めたと語った。【詳細

PC1台当たりの児童生徒数変わらず

文科省は、「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」を発表。それによると、タブレット端末の配備台数は増加しているものの、教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数は変わらないということが明らかになった。【詳細

大阪市教委は、教員の校務負担軽減などを図る「校務支援ICT活用事業」の検証結果を公表した。モデル校に校務支援システムの導入などを行ったところ、教員1人あたり年間168.1時間の削減につながったという。【詳細

初級ICT教育講座に「ネットトラブル」「反転授業入門講座」

「知っておきたい 子どもたちのネットトラブル」では、子ども達の間でおきているネットトラブルと、フィルタリングの有効活用について解説。【詳細

「反転授業入門講座」では、反転授業の特長から、授業肯定や課題など、改めて知っておきたい基本的な情報を紹介している。【詳細

 

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21