1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 富士通ほか/聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール

2015年4月15日

富士通ほか/聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール

富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは14日、聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール「FUJITSU Software LiveTalk(フジツウソフトウェアライブトーク)」を5月中旬に企業や学校向けに販売開始すると発表した。

会議や授業等の複数人が情報を共有する場で発話者の発言を音声認識し、即時にテキストに自動変換して複数のPC画面に表示することで、聴覚障がい者を含む参加者全員がリアルタイムに情報を共有できるソフトウェア。

複数人が同時に発言した場合も、テキスト化を並行処理しながら同時に表示するため、話の流れを正確に把握することができる。また、テキスト化された発言内容に誤りがあれば、その発言をPCから修正することが可能。

キーボード入力のほかにも、直感的に意思を表示できるスタンプ入力や、使用頻度の高い文章を登録して発言する定型文入力機能によって、誰もがスピーディーに発言することが可能となる。

販売価格は、1セット(5ライセンス)で20万円(税別)。

関連URL

「LiveTalk」

問い合わせ先

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ商品お問い合わせフォーム

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ