1. トップ
  2. ツール・教材
  3. otta/「新しい見守りサービス」日本で初めて広島市の小学校がテスト導入

2015年5月22日

otta/「新しい見守りサービス」日本で初めて広島市の小学校がテスト導入

ottaは20日、同社が提供する地域のみんなで見守る新しい見守りサービス「otta(オッタ)」を、日本で初めて広島市の安田学園 安田小学校がテスト導入したと発表した。

このサービスは、Beaconの技術を活用した小型端末から発する電波を、専用アプリをインストールしたスマートフォンがキャッチすることで、端末を所持した児童がどこにいるか知ることができる。


日本で初めてテスト導入するモニター校に広島市の安田小学校が決定し、5月初旬から2年生と3年生を対象にサービスの運用がスタートしている。

これに先駆けて、参加対象となる児童の保護者向けに実施した説明会では、サービスの内容や使い方について、様々な質問や意見が寄せられ、本サービスへの高い期待を感じられたという。

安田小学校のテスト導入では、学校の出入口付近と、主要な交通機関のポイントに簡易基地局を設置するとともに、地域の安心を担う見守り人(*1)を増やしてく。

また、正式なサービス開始に向けて、導入希望学校の受付を開始した。

本サービスは、見守り人が多ければ多いほど、位置を記録する精度が高くなるため、導入希望の多い学区から、優先的に導入を支援する予定。

(*1)見守り人とは、ottaアプリをインストールしたスマートフォンを所持している人のこと。

関連URL

導入希望受付専用サイト

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録