1. トップ
  2. 先生サポート
  3. iTeachers TV/Vol.31 国際医療福祉専門学校 小澤先生 (後編)を公開

2015年12月23日

iTeachers TV/Vol.31 国際医療福祉専門学校 小澤先生 (後編)を公開

iTeachers TVは23日、iTeachers TV Vol.31、国際医療福祉専門学校 救急救命学科 小澤  貴裕学科主任の「国際医療福祉専門学校の試み 〜これからの救急救命士とICT〜(後編)」を公開した。

学校のICT環境が整い、学生間のコミュニケーションを活発にするためにSNSの使用を開始。DropBoxやGoogleAppsも機能し始め、他の教師たちも積極的に使ってくれるようになった。また、ednityを活用することで印刷にかかる時間が2時間減少。残業を減らすことにもつながった。「さあ、次にやることは研究だ!そうだ前からやりたかったアレをやろう!Droneだ!」 。後編では、ICT活用2年目の状況とDroneを使った「ProjectHecatoncheir」 の活動についてご紹介する。

小澤主任は、1973年生まれ、東京都出身。1997年救急救命士国家資格取得。千葉県内の消防機関で採用され、10年消防隊・救急隊員として現場勤務し退職。その後、専門学校で専任教員として後進を指導。2012年から国際医療福祉専門学校、その年の12月から「ICT教育環境導入プロジェクト」を企画し主導。現在はドローンの現場活用案を研究中。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、デジタルハリウッド大学の栗谷 幸助 准教授による「教育現場で動画を活用しよう!動画教材ワンポイント講座」。今回のテーマは「動画のつかいどころ」について。

栗谷准教授は、大学卒業後に流通業に就くが、在職中にWebの魅力に触れ、Web業界へ転身。WebデザインユニットでWebの企画・デザイン・サイト運営等を手掛けながら、各地で関連の講師を担当。その後、2004年からデジタルハリウッドに所属し、専任講師として専門スクール・大学でWebデザインのスキルを幅広く伝えている。

□ 「国際医療福祉専門学校の試み 〜これからの救急救命士とICT〜(後編)」

□ 「国際医療福祉専門学校の試み 〜これからの救急救命士とICT〜(前編)」

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21