1. トップ
  2. ツール・教材
  3. MDMシステム「SPPM2.0」がAndroid 6.0に対応

2016年3月7日

MDMシステム「SPPM2.0」がAndroid 6.0に対応

AXSEEDは、モバイル端末管理システム「SPPM2.0」が、15日からAndroid 6.0に対応すると発表した。

Android OSの最新版Android 6.0(Marshmallow)では、OS仕様変更によってトップ画面で稼働するアプリ情報の取得が不可能となった。これによって従来の“トップ画面で稼働するアプリ情報をチェックして制御する”という方法では利用アプリ制限ができなくなった。

今回の対応は、「SPPM2.0」の利用アプリ制限の方法を大幅に変更し、複数の方式で対応するというもの。

これによって、リモート・ロックやリモート・ワイプだけでなく、利用アプリ制限を含むSPPMの機能をAndroid 6.0が搭載された端末でも利用でき、従来のAndroid OS端末と同様の制御・管理が可能となる。

「SPPM2.0」は、Android、iOS、Windowsの3OSの統合管理が可能なMDMシステム。

関連URL

SPPM

問い合わせ先

AXSEED

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録