1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 解像度WXGAの業務用レーザー光源プロジェクター2機種発売

2016年4月21日

解像度WXGAの業務用レーザー光源プロジェクター2機種発売

ソニーは、解像度WXGA(1280×800ドット)の業務用レーザー光源プロジェクター「VPL-FWZ65」(6000ルーメン)、「VPL-FWZ60」(5000ルーメン)の2機種を25日に発売する。ともにオープン価格。

VPL-FWZ65

VPL-FWZ65

「VPL-FWZ65」「VPL-FWZ60」はともに、光源にレーザーを使用しており、点灯までのウォーミングアップが不要で、わずか数秒で映像投写が行える。また、使用後のクーリングも必要ない。

さらに、レーザー光源は輝度の劣化が緩やかな特長を持ち、約2万時間の使用後も約70%の輝度を保ち、定期的な光源の交換が不要。

突然光源切れするリスクが低く、授業を中断することも起きづらい。

関連URL

ソニー

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録