1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ロボットスタート、ロボットメーカー向けユーザー分析ソリューション開発

2016年10月17日

ロボットスタート、ロボットメーカー向けユーザー分析ソリューション開発

ロボットスタートは、ロボットメーカー向けのユーザー分析ソリューション「ロボットスタートアナリティクス(メーカー向け)」を、17日からサービス開始すると発表した。

main「ロボットスタートアナリティクス(メーカー向け)」は、ロボットを使ったユーザー分析サービスで、ロボットのOSまたはミドルウェア領域に組み込むことで、 ロボットの視界に入ったユーザーを分析し、 時間別・日別・月別の人数に加え、そのユーザーの性別・年齢・感情などの属性を推定し、ユーザーの体験を高める方法を詳しく分析することができる。カスタムAPIによる拡張ができ、ユーザーのロボットの特性に合わせた機能追加を行うことも可能。

また、ユーザーの体験をより高めるために、ロボットコンサルティングサービスを合わせて利用できる。ロボットメーカーと同社がともにユーザーニーズを把握しながら、次の改善ポイントを探り出し、実現していくことでユーザーの満足度の高いロボットを作り出すことが可能になるという。

ユーザー分析は、ロボットの視界に入った個人のプライバシー保護を配慮した設計になっており、個人情報、映像、音声その他の情報を直接取得・通信せずに、 ロボット内で取得できるデータ・パラメーターを加工してユーザー分析に利用するという。

初期費用は無料で導入サポートを実施。利用料金は1台当たり月額課金。

関連URL

ロボットスタート

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録