1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 21世紀型スキルを身につける「すららアクティブ・ラーニング」開催

2017年5月12日

21世紀型スキルを身につける「すららアクティブ・ラーニング」開催

すららネットは、ICTの活用により学年・地域の垣根を越えて、これからの時代を生きるための21世紀型スキルを身につけることを目的としたイベント、第3回「すららアクティブ・ラーニング」を15日から開催する。

d3287-154-481127-0「すららアクティブ・ラーニング」は、小学校1年生から高校3年生までの「すらら」利用者を対象として、ICTの活用により学年・地域に関係なく1つのテーマについて議論し、21世紀型スキルを身につける協働学習型のイベント。

21世紀型スキルの中でも特に、実社会で役立つと思われる「主体的に活動設計する力」「異質な他者と関係を築き、ともに学ぶ力」「解のない社会課題に立ち向かう力」「ネットコミュニケーションリテラシー」の4つのスキルを重視し、真に効果のあるアクティブ・ラーニングを追求する。

具体的には、専用SNS「すららチャットマップ」を使って個人の意見をWeb上で議論した後、オンライングループワークシステムを利用して、オンライン討論会を開催する。グループは学校や塾といった垣根を越えて構成されるため、異なる学年や地域の生徒の多様な考え方に触れて洞察を深め、コミュニケーション力や協調性を養う機会が得られる。その後、学習塾や学校でチームを組んでレポートを提出してもらい、8月26日に慶應義塾大学でレポートの上位3チームがプレゼンテーションを行い、その模様をWeb中継する。

第3回となる今回のテーマは「人工知能を活用し、社会課題を解決する提案をしよう」。人工知能の進化した社会で生きることになる子どもたちに、当事者として建設的な議論をしてほしいとの思いからこのテーマが設定された。

同社では、このイベントを通じて、アクティブ・ラーニングという分野でのICT教材活用の実証と日頃「すらら」で身につけている基礎学力に加え、これからの時代を生きるための21世紀型スキルを身につけることができると考えている。

「すららアクティブ・ラーニング」概要

開催期間:5月15日(月) ~ 8月26日(土)
参加対象:「すらら」で学習している小中高生

関連URL

すららネット

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録